突然ですが問題です。
もしあなたが年間手数料500万円だったとして
①手数料750万円を目指す(1.5倍)
②手数料1,500万円を目指す(3倍)
どちらが良い結果を残せると思いますか?

会社で上司に言われたり、実際報告しているのは
①番に近い数字だと思いますが、
正解は・・・間違いなく②番です!

なぜ言い切れるのか・・・?!
それは①と②では大きく「スタート地点」が変わるからです!

①は「現在の延長線上」
②は「目標から逆算した新しいスタート地点」

つまり、2倍未満の目標設定の場合
「今あるマーケット・今ある見込客から何とかしよう・・・」

2倍以上の場合
「新たにマーケットを開拓しよう!」
「新たな営業手法を取り入れよう!」

要は②だと発想を変えなくてはならないんですね!
僕自身がある大先輩のアドバイスから
1年で売上単価を40倍に出来た3年前。
振り返ってみると②番の発想を課題として
先輩が与えてくれたことがきっかけでした。

当時個人保険中心だった私の世帯単価は
月3~5万円。
先輩に言われたのは…
「月50万円払えるマーケットを探したら?」

それから頭の中は
「どうしたら月50万払えるマーケットに行けるか・・・?」
このことばっかり (笑)

結果何が起こったか・・・?
「会計事務所開拓の勉強会するけど参加する?」
という『新しいマーケットを学ぶチャンス』でした!

結論。
「スタート地点を高くし、妄想すると・・・
引き寄せの法則が働く!」

当たり前の成功法則、やってみたもん勝ちですよ♪

次回は、引き寄せの法則を働かせる上で
最も大事なテーマ
「理想の顧客」を決めると戦略は見つかります
をお伝えしますのでお楽しみに♪
『一期一会 全ての出会いに感謝』