あなたは昨年いくら寄付したか覚えてますか?
アメリカの一世帯当たりの年間平均寄付額は約26万円
それに対し日本は一世帯当たり2,400円とのこと

どうしてこれだけ違うのか?
もちろん宗教・文化の差は根底にあります
でも日本の2,400円って少なすぎませんか…

よく成功法則の本の中にも
「収入の一定額を寄付する」と書いてますよね
ただ、実践しているかどうかが大事です

僕の毎月のルーティンは
手取り収入の5%を寄付用口座に貯金
年末妻と相談してどこに寄付をするかを決めます

僕自身、MDRTのいう世界に関わって
多くを学ばせてもらっているので
3割前後はMDRT Foundation-Japanに寄付し、
あと残りは災害が起こった地域に寄付してます

ちなみにMDRTへの寄付総額では
何と!日本で全国1位なんです!!
MDRTに入会してから6年間の積み重ねの
結果でしかありませんので、順位には興味は
ありませんが…(^^;

読んでいる方の中には
「ある程度稼いでいるから寄付できるんでしょ!」
と思った方もいるかも知れません

実際、収入もかなり波があるので
収支大赤字の月に5%寄付するのは
妻の協力なくしてはできないと思います

まずは騙されたと思って収入の一定額を
寄付する習慣を始めてみませんか?

大切なのは「継続すること」です
見返りはもちろん求めていませんが
継続していると気持ちにゆとりが出てきます
そして、不思議とより大きなお金が入ってくるんです!

世の中の成功者が最終的に行き着くところは
社会への還元・寄付行為です
これを先取りして、成功者と同じことをする
大事なのは金額ではなく、継続するかどうかです

次回以降は、元旦に告知した「すなだ塾Web会員」の
売上げを伸ばす秘訣となる部分にフォーカスを当てて
お伝えしていきますのでお楽しみに♪
『一期一会 全ての出会いに感謝』