保険の仕事ではメンターに当たる人がいるかどうかで大きな違いが出ます
できればメンターは最低でも自分の3倍以上の実績を上げている方が良いですね。

色んな所で研修をさせて頂くと同じ社内のメンバーで固まってるのをよく見ます。
なぜ社外や違う地域の人と交流しないのか…?

余談ですが僕が所属する保険代理店の表彰式が神戸で開かれた時も、
せっかく全国から優績者が集まっているのに同じ営業部で2次会に行く同僚たち…(苦笑)
もちろん僕は完全別行動(笑)

もし社外に目指すメンターがいないのならMDRT世界大会や有料の勉強会などに
自分より遥か先を行っているメンターを探しに行きましょう!

僕の保険人生を変えたのは
間違いなく6年前に熊本から一人で参加した

MDRT世界大会

ここで出会った全ての先輩のおかげで
「あの場にまた行きたい!」と頑張る理由になってます。

そして、今年は世界大会で講演者として参加できる機会をいただきました!

自分を見つめ直し、リセットする場所を持つ。
そして自分がまだまだ未熟だと思い知らされメンターに定期的に会いに行く。

この活動を「第2象限」として取り入れると
間違いなく自分自身のステージは上がって行きますよ!

次回以降も学ぶ上で大切な事をお伝えしていきますのでお楽しみに♪

『一期一会 全ての出会いに感謝』